プチ整形で二重まぶたゲット

一重まぶたや奥二重の人の多くは、自分でなんとか二重まぶたになる方法を探していることでしょう。ですが、二重まぶたをつくる用品の中で最も有名なアイプチの場合、あまりにも長期にわたって日常的に使用をしていると、接着剤が皮膚に沈着して肌がガサガサになったり、反動でむしろまぶたが腫れて厚ぼったくなってしまうということも起こりがちです。
アイプチを成長期で使い続けるうちに、使わなくても二重のままになったという人もいるようですが、もし十代の頃から3年程度使い続けても二重まぶたにならないようなら、いっそアイプチの使用をやめて他の方法を考えるようにした方がよいかもしれません。
長期的に二重まぶたを維持したいのであれば、やはり美容整形をするのが最も手っ取り早い手段です。二重まぶたの形成施術は、なにもメスを使うものばかりでなく、日帰りも可能な簡単な施術方法もあります。最も簡単なプチ整形による二重まぶたでは、「埋没法」という裏側から糸を埋め込む方法がとられます。この場合、もし仕上がりが気に入らなかったら糸を抜けばすぐにもとのまぶたに戻すことができます。
ただし、整形によって二重まぶたを作った場合、加齢によって顔の皮膚が全体に垂れ下がってきたときに何らかの形崩れを起こしてしまうことがあります。もしまぶたが著しく垂れ下がるなど日常生活に支障をきたすことがあるときには、再手術となることもあるので、その点はよく理解をしておくようにしましょう。